自然葬の人気とその注意点

main-img

自然葬の中でも人気があるのは、樹木葬というスタイルです。このスタイルは比較的最近になって広まってきた方法で、1999年に岩手県で樹木葬用の墓地が作られるようになりました。


自然葬の中でも樹木葬の場合は、単純な散骨とは違い樹木を墓標として使います。

そのため、故人の遺骨が自然に帰り、やがて気に宿り成長していくようなイメージを持つ方が多く、人気を集めています。基本的にはただ単に散骨しているわけではないので、墓地で行うことが法律で義務付けられています。



墓地で行うためしっかりと管理されており、安心しておいておくことが出来ます。

Girls Channelにまつわる情報をまとめています。

また時間の経過とともに樹木の生長を楽しむことが出きるため、お墓参りのようにいくのが面倒になるということもあまりありません。また、高価なお墓を買う必要がないため、大きな支出がない分、残された家族への負担も減ってきます。


また海への埋葬を希望される方も増えていますが、水葬というのは日本では行えないため、海洋散骨が主流です。
一度火葬した後遺骨を海へと散骨する方法になります。
港や陸地などから少し離れて散骨を行い、故人の安らかな眠りを祈ります。

神奈川の自然葬に関する疑問が解決できます。

川の河口付近や湾内、河川での散骨は禁止はされていませんが、水源や養殖施設が近くにある可能性があるので、マナー違反となります。
他にも自然葬は様々な方法がありますが、どの方法で行うにしても、自分に合った方法を見つけ出し、専門の業者などと相談したうえで自然葬を行うようにしてください。

ためになる情報

subpage1

自然葬といえば最近は樹木葬がメインになってきつつあります。樹木葬とは自然葬の中でも、海や山などへの散骨を行う方法ではなく、決められた墓地に樹木を植えて、その下に骨を埋める方法です。...

more

詳しく知りたいなら

subpage2

「自然葬」とは、粉骨化した遺灰を海や山林の自然に撒いて死者を弔うと言う方法が一般的でしたが、近年では墓石の代わりに樹木を墓碑として埋葬する「樹木葬」の人気が高まっています。その人気の裏側には、従来の自然葬の方法では、自然の中に、遺灰を散骨してしまうため、何の目印も持たず、「手を合わせて拝む対象がない」と言う問題点がありました。...

more

葬儀が気になる方

subpage3

自然葬は、遺骨を海や山などに散骨をすることで行なわれ、通常、散骨とは同義語として扱われています。一般的に知られているものとしては海に散骨を行なう海洋葬があり、ここでは、沖合に出て船上から散骨を行なうことになります。...

more

意外な真実

subpage4

樹木葬とは、墓石で作る墓標の代わりに植樹をする自然葬です。墓地埋葬法という法律で行政に許可をとったお墓と認められた場所に遺骨を埋葬し、植樹をする方法です。...

more