樹木葬は新しい自然葬の形

自然葬といえば最近は樹木葬がメインになってきつつあります。

東京の樹木葬のことならこちらのサイトにお任せください。

樹木葬とは自然葬の中でも、海や山などへの散骨を行う方法ではなく、決められた墓地に樹木を植えて、その下に骨を埋める方法です。


1999年に岩手県一関市で行われ始めたのが最初で、意外にもその歴史は短いです。樹木葬のメリットは使用する樹木を選ぶことが出来るということです。

一般的にはハナミズキ、サルスベリ、エゾアジサイなどが使用されますが、基本的には低木で周辺の生態系に影響を与えなければどんな樹木でも大丈夫です。


そのためバラなど故人が生前好きだった樹木を選ぶことが可能です。故人ゆかりの樹木や、生前思い出に残っているもの、家の庭に生えている物など、故人にゆかりのあるものを選ぶことが出来ます。


また、遺骨を埋葬してその上に苗木を植えるため、故人の命が土へ帰り、自然に溶け込んでやがて樹木として生まれ変わって成長していくようなイメージがわきやすいので、残された家族や親族にとっても亡くなった故人への感情移入がしやすいといえます。

基本的には決められた墓地に許可をとって埋葬しているので、通常の墓地と管理の方法は変わりません。

今、最も注目を集めるBIGLOBEニュースの情報を求める人におすすめのサイトです。

しかし墓石などが必要ないので、初期費用をはるかに抑えることができます。

またお墓参りのたびに墓石の掃除をするのは面倒だという人もいますが、草木の手入れだとそこまで苦痛ではなく、楽しんで行うことが出来るという人も多いです。


場所によっては墓地を作るというより、公園を作るという考えに基づいて樹木葬を行っているところもあり、管理費用などをとらないところもあり、新しい自然葬の形として定着しつつあります。