自然葬のメリットとデメリットについて

自然葬は、遺骨を海や山などに散骨をすることで行なわれ、通常、散骨とは同義語として扱われています。



一般的に知られているものとしては海に散骨を行なう海洋葬があり、ここでは、沖合に出て船上から散骨を行なうことになります。

他にもヘリコプターを使用しての海への散骨や、アルプスのモンブランに行なう方法、遺骨の一部を専用のカプセルに入れ衛星ロケットで宇宙に運ぶ宇宙葬と呼ばれる方法や、散骨をした後に樹木を植える樹木葬などがあります。
自然葬では、通常の埋葬方法とは異なり、その遺骨を自然に還すことによって行なわれるために、メリットやデメリットも含め、十分に内容を検討した上で判断をすることが大切なことになります。


自然葬のメリットとしては、まず、故人の遺志を尊重することができることや、思い入れのある場所に散骨ができることがあります。

次に、通常の墓のように、継承者の心配や、定期的に必要となる宗教的な儀式の執り行い、また、檀家などの組織への入会が不要となる点があり、自分たちの思う葬送を執り行うことができます。
費用面においてもトータル的にはかからなくて済み、ここでは、墓地の購入費や、毎年必要となる護持会費用、戒名費用などは不要となります。
そして、将来にわたって残された人へ負担をかけることが無くなります。

エキサイトニュース情報のことならお任せください。

反面、デメリットとしては、節目節目の供養が無くなってしまうことや、改葬ができないこと、墓がないために人によっては心の拠り所がなくなってしまうことなどがあります。



ただ、これらのデメリットに関しては、例えば、仏事に関しては依頼をすれば対応をしてくれる寺院もあり、改葬等に関しては、一部の遺骨を残しておくことで対応をすることができるようになります。