樹木葬の特徴について

樹木葬とは、墓石で作る墓標の代わりに植樹をする自然葬です。

墓地埋葬法という法律で行政に許可をとったお墓と認められた場所に遺骨を埋葬し、植樹をする方法です。
これは通常のお墓と同じ扱いになります。


独身者や子供のいない夫婦など、近年の少子化に伴いお墓の継承者がいない家が増えています。


また、没後に子孫や家族に負担をかけたくないと思っている人も多くいます。

そういった人にも購入できるシステムなので人気が高まっています。



のちに無縁仏となっても、墓地や霊園管理者により供養してもらえるメリットがあります。

また、宗教へのこだわりがあまりない方に、土に帰るという意味から樹木葬を選ぶことも多くなりました。


家や宗教にとらわれず、ゆっくりと眠りたいと思う人が増えたのもあります。樹木葬は、植樹した木々が育ち、墓地全体が里山として保全されるので、環境保護、エコロジーの観点からも注目されています。

livedoorニュース情報選びのお役立ちコンテンツ満載です。

かつてはお墓の墓地区画にある樹木の下に合同で埋葬する形がとられていましたが、近年では個別に埋葬する形が人気になりました。
生前に購入することが出来るので、自分の希望に合わせた植栽ができることも魅力の一つです。

樹木葬の費用に関しては、墓石を用いる場合に比べて大きく費用が抑えられます。

また普通のお墓と大きく違う点は、友人同士や内縁など、血縁関係や婚姻関係にない人でも一緒にお墓に入ることができることです。


ペットとも一緒に眠れるなど、一般慣習にとらわれないスタイルが特徴的です。

樹木葬情報のご紹介です。