自然葬 やすらぎの場を自分で決める

「自然葬」とは、粉骨化した遺灰を海や山林の自然に撒いて死者を弔うと言う方法が一般的でしたが、近年では墓石の代わりに樹木を墓碑として埋葬する「樹木葬」の人気が高まっています。その人気の裏側には、従来の自然葬の方法では、自然の中に、遺灰を散骨してしまうため、何の目印も持たず、「手を合わせて拝む対象がない」と言う問題点がありました。

神奈川の自然葬に有効なサイトの紹介です。

しかし、「樹木葬」にした場合は、個人を特定するプレート等を使用する事で「個を残す」事を可能にしているのです。

利便性を重視した産経ニュースの有益性の紹介です。

また、従来の自然葬と同様に、粉骨化した遺灰を個人の名前を出さすに、木の下に埋めると言う散骨型の方法も取れるため、個人の希望に添った埋葬方法がとれるわけです。
他にも「樹木葬」が注目される点としては、費用面が挙げられます。

一般的に墓石を使用した墓地区画を購入する場合は150万〜500万程度と高額になるのに対し、樹木葬では遺骨を粉末化した場合で4〜5万円程度、粉末化しない場合には、13〜14万程度となり、かなり価格を抑えられる事になります。
樹木葬や散骨にみられるような自然葬の人気が高まっている背景としては、跡継ぎを持たないシニア世代が、一代限りの埋葬方法に高い関心を抱いていると言う事があります。



また、自分の死後は、夫の先祖代々のお墓に入りたくないと願う主婦層からの根強い支持もあるのです。自分のやすらぎの場を自分で選択して決められる自然葬は現代社会のニーズに添っているのかもしれません。